Security Engineering Casual Talksで喋ってきた

本日Security Engineering Casual Talks #1というイベントがあったんですが、そこでKMSの利用について喋ってきました。

内容的にはenv-injectorの利用につながるアレコレだったりするんで、個人的には目新しい内容というわけではなかったんですが、これで世の中からDBパスワードとか他サービスのアクセストークンとかがそのままgithubリポジトリに保存されるケースが少しでも減ればよいなぁ、と思っています。


なお、会場では全く関係ない某社のサービスのTシャツを着ていたんですが、誰からツッコまれませんでした。カナシミー

(追記)

  • 某所からプレゼンをiframeで貼ればいいのに、、、という電波を受け取ったので対応
  • 某所から「"復号化"ではなく"復号"だろ、ボケ」というツッコミがきちゃいました。そのとおりだと思います。ゴメンナサイ。プレゼン資料を修正するのは面倒なので、こちらでお詫びさせてください。

(追記その2)

  • 復号化警察の方から追加で「SystemManagerじゃなくてSystemsManagerだ」というツッコミも来たので、もろもろまとめて資料の方、修正させていただきました。

......なれない発表してゴメンナサイ。もう許して下さい。id:kakku22 兄さん。(´;ω;`)ブワッ