読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

marisa-trieのgo bindingを書いた

id:s-yataさんが公開してくださっているmarisa-triegolangで使えるようなバインディングを公開しました。

github.com

marisa-trieは非常に省メモリなtrie実装です。
特徴等は公式ドキュメントを参照してください。

インストールも普通にgo getするだけでOKです。よければどーぞ。
# g++とかstdlib++とかは必要になりますけど。

使い方等のドキュメントは……今後の課題ということで(;・∀・)

go getでインスコできるc/c++なライブラリのラッパーの作り方?

go buildはパッケージディレクトリにおいている.cや.ccファイルは一緒にコンパイルしてくれるのですが、サブディレクトリまでは面倒見てくれません。
かといってライブラリのソースをパッケージディレクトリにコピーしたりするとライブラリの更新の追従とかがしんどくなってきます。

そこで今回は、元ライブラリをgitのsubmoduleとした上で、コンパイル対象のファイルをincludeしただけのやる気ない.ccファイルを用意してみました。

このやり方がいいのかわかりませんが、とりあえずはgo getでまとめて全部コンパイルしてくれるし、ライブラリ更新の追従もgit submoduleでゴニョるだけでよいので、結果的にシンプルに出来たような気がします。

他にこういう時のうまいやり方があるのなら、教えて頂けるとウレシイなぁ。。。